スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「** The Lost Spell **」プレイ中

死人の塚B1まで進んだので、そこまでの感想を書きます。

まず…MAP/戦闘、共に「適当RPG」「大魔術師の帰還」より難易度が高いと思います。

MAPは最初の迷宮から様々な仕掛けが待ち受けています。
戦闘も魔法使い・状態異常持ちが厄介なのは言うまでも無しだが、物理攻撃のみの敵もやたら固かったり、一撃が重かったりする場合が多いので、「こいつは放置しておいても大丈夫」的なモンスターが少ない。

最初の迷宮のB2から早くも「爆弾」が出てくるしね。
それ以上に、石化ブレスを使う敵がいた事に驚いたけど。

作者のHPを確認した所、石化ブレスを吐いてくる確率は5%だった。しかも、出現率も低い部類だと思われるので、出現率の低いモンスターから5%のブレスをもらい、且つしっかり追加効果ももらったわけだ。
早くも順調な滑り出しです。やったね♪

その記事には「未プレイの方は出来れば読むのをお控え下さい。」って書かれていたけどね。
ごめん、読んじゃった。
きっと、許してくれるでしょう。特に根拠はありませんが。

とはいえ、今の所、死人を出さずに進めています。
極力ノーリセで行きたいので、チキンプレイですが。


次に…やはりというか、案の定というか。

戦士の打撃が弱い。

なるほど、「Q.【六作目】戦士が弱すぎるんじゃなイカ?」という質問がわざわざHPに書かれているわけだ。
仮にそれを知らなかったとしても、初期武器に力補正が付いていなかった時点で
「このシナリオ、打撃職はちと辛いかもしれない」という予感はした。

これは私のPT構成にも若干問題があるだろう。
戦戦僧司盗魔という構成。元々若干打撃が弱い構成なのだ。
しかも、全員エルフだから、なおさらだろう。

特定の職・種族に余程の優遇(不遇)措置がない限りは構成変えないので、これはしょうがないだろう。
どうしても嫌なら変えればいいしね。natsuki氏みたく忍者4人にするとか。種族をばらばらにするとかね。

「エンパイアIIプラス」の時だけかな、種族を変えたのは。
あのゲームは運の強さが宝箱の中身にモロに関わっていたのと、種族相性という概念があったので、どちらの面でも圧倒的に有利なホビットを中心にPTを組んだ。

今回はそこまでするほどではないであろうと思い、職も種族も変更なしで行く事にした。
将来的には、戦戦僧司盗魔⇒侍侍君君忍司にする予定である。これから手に入るアイテムにもよるが。

ともあれ、打撃はそういう状態だが、壁の仕事はそれなりにこなしているので、よしとすべき…なのだが。

死人の塚B1でもその状況は変わらずなので、正直ちょっと困っている。
目立った弱点がなく、あの呪文が効かない敵と当たると結構きついのだ。
あの呪文を使える人、あと2人は欲しい。


それから…難易度は高いが、理不尽な難易度ではないと思います。
MAPに関しては、はまるとやばい仕掛けがある所にはNPCがいたり、事前に警告してくれる場合が多い。
戦闘に関しても、大抵の敵には何かしら弱点が設定されているので、極力そこを衝くようにする事で難易度を下げる事が可能だ。
モンスターが多く、覚えるのは無理なので、個々のモンスターの弱点をメモ帳に書いているけど。
戦士の件にしても、作者のHPに運用方法が書かれているしね。


要は若干難しいけど、いくらでもやりようはあると、そういう事です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

辺境の住人

Author:辺境の住人

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。