スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を見て、おもうこと

過激な夢を見た。自分が  する夢。

まぁ、夢に見るから本能的にやりたい事なのか?それは違う。
もし、仮にそうであったとしても今はまずい、というかだめだ。

大人は当てにならない。…親も例外ではない。
腹を割って話せばわかってもらえる…というのは幻想である。
5年以上前、徐々にそれを思い知り始めていたが、これらを確信するとどめの出来事が他でもない、母親だったというのが何とも皮肉なものである。
※『5年以上前』という曖昧な書き方をしているのは、一言で言えば思い出したくない記憶だからだ。嫌な思いも多くしたが、自分自身が傲慢な時代…忌むべき時代…だからだ。具体的に特定しようとすると、それだけ掘り起こさないといけなくなる。曖昧なままにしておいた方がいい事だってある。

今の感情・感性を引き継いだまま学生時代に戻れるのなら、喜んで戻るだろう。
でも、そんなのは無理だ。
そう、出来ない事、無理な事を考えていてもしょうがない。
修正がきく範囲であれば、『今』という時の中で修正を加えていくしかないのだ。

残酷な現実を無慈悲な形で知る。
もし、自分に子供がいたら、子供にはそういう知り方はしてほしくない。
思えば、両親は自分自身が味わった苦しみを私(私らかもしれない)にも味わわせようとしていたな…。
何でそんな事をしようとするのだろう。
自分と同じ思いを共有したいにしても、もっとましなやり方があったはず。
そうでもしないとわからない奴だと思われていたのかもしれないが…。

私はあまり頭が良くないから、そういう形で現実を知る事になるのは、ある意味仕方がない事なのだろう。
でも、そうしなくてもわかる人たちにわざわざそういうやり方をする必要はない…。
そういう思いをするのは私だけで十分だ…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おいすー

重い記事に軽い挨拶するのもナンだけどもおひさしぶりです。DEATH。
ブログの米、拝見しました。いちおうHPのLinkに追加しときましたよー(あ、まずかったら言ってくださいね)。

今の記憶を持ったまま過去に戻りたい(別名「強くてニューゲーム」)というのは、私も昔はそういう願望ありましたけどね。
でも今はまったくそうは思わないです。たぶん、またあんな目に遭ったらメンタル保たないと思う。
当時は当時で、当時なりに頑張ってはいたんだよなーというのが今の正直な感想です。
今は「昔をやり直したい」ってよりも、「もう2度と同じ経験はしたくない」って感情のほうが強いですね。
けっこう、不可抗力というか不可避なイベントも多かったんで。ゲームデザイナーちょっと出てこいよ。
現実にチートがあればいいのに(←駄目人間の発想)。

Re: おいすー

>グレアム・カーライル氏
ようこそ、おいでくださいました。

HPのLink、まずかったらブログの存在自体教えていないと思います@@
私もそちらのHPをLinkに追加しますねー。

別名「強くてニューゲーム」ですかっ、確かにその通りかもしれません。

>当時は当時で、当時なりに頑張ってはいたんだよなーというのが今の正直な感想です。
私は逆だな…自分に対しても他人に対しても、もうちょっとましな行動取れなかったものかね??っていうのがあまりに多くて。
だから、こんなことを思ってしまうのかもしれないですが…。

ちなみに現実にチートってのは、それこそない物ねだりではないでしょうか。
プロフィール

辺境の住人

Author:辺境の住人

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。